« お待たせしました。。。 | トップページ | ショルダーバッグ2点 ナス紺 »

2014年11月 9日 (日曜日)

マシーン4号・・・

このブログに度々出てくるマシーン4号の話。
それは革を薄く漉く機械。。。
革漉機・・・・それがこいつ

4
こいつはとても重宝だ、、某所で頂いた物。
こいつと一緒にマシーン3号(工業用腕ミシン)も頂いた。
*****
この2台が俺の作品意欲をさらに増してくれた。
革を作る奴にとってはこ2点が垂涎の的だ
今日はこの革漉きの話をしよう。
こいつは厚革も薄革も適度な厚みに漉いてくれる。
だから、これが無ければ作業がはかどらぬ。
以前は手で漉いていた、、、よくやったなぁ~と今感じるぜ
それがこいつ
4_2
手の感覚で漉いていた、、これでも短い長さなら良いが
長い工程だとチョイ難しい・・・でもこいつでやってたのだぜ
こいつの刃先は小さな剃刀の刃で一、二回で切れなくなる。
それから刃が食い込んで折れたりして大変だった。
マシーン4号が来てから、こいつを使わなくなったぁ~(^^;
*****
ショップに行けばマシーン4号のような革漉機があるのだが
いちいちそこへ持って行って漉くわけに行かぬ
だから革の作品を作り始めて2年ばかりは
こいつを使用していたぜ(^^;
よくやったなぁ~と思うよ、、その中で秘技も生まれたしさ
*****
でも、マシーン4号を頂いてからは、、とんと手でやらなくなったぜ
面倒だしさ、、┐(´-`)┌
でも、こいつにはこいつの良さがある。
失敗が少ないと言う事さ
マシーン4号はモーターで動くからさ作業効率好いのだが
時として、、、

(ノ∀`) アチャー漉き勢いで革に穴あきできたりしてね

┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ
な話になる。
*****
それに俺の場合は厚みの差や漉き幅もかなりあるからさ
マシーン4号の漉き加減の調整が面倒だ
一度、失敗するとかなりの調整が必要になるしさ
一昨日もその調整に何時間も要したぜ
マシーン4号を熟知している方はなんとも無いと思うけどね
かすかな微調整部分がさ。。。
その部分、それがこいつ
4_3
右側のドラムが回転刃、その上部がすき押し刃
そしてドラム横のグレーの物が送りドラム
ここを僅かな隙間、、、0.1mm~0.5mmに調整し
さらに他にも調整が必要なんだ
ゲージ作らねばと思ってる。。
*****
こう言った機械のマニュアルってさ意外と簡単に書いてあるし
これを頂いたときのマニュアルは、、
手書きの図とドラム刃の研ぎ方だけだぜ、仕様書なし

ヤッテラレンワ…ヽ(○´3`)ノ フッ

しかし、世の中便利だね~
俺はネット動画でこいつを調べて調整方法を調べたのさ
フムフム、、なるほど~だったぜ
*****
でも、細部の話はないな、、その動画もちょい端折りありでさ
特にドラム刃の研磨をした時は微妙に刃当りが違うし
俺はプロではないからその辺の調整がさ
少々時間がかかるのだ。
それにこのマシーン4号は結構古い機械でね
今の新型と比べて微妙な感覚ありでさ
な~~んて言っていると、、こいつ~と思うなよ
*****
この機械があるだけで良しとしないとな
マシーン4号のお陰で革の世界が178度変わりましたから(笑)

« お待たせしました。。。 | トップページ | ショルダーバッグ2点 ナス紺 »

機械、道具等の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お待たせしました。。。 | トップページ | ショルダーバッグ2点 ナス紺 »