« 弁当シリーズpart3 | トップページ | 駿河国総社の浅間神社に行って来たpartⅡ »

2015年2月11日 (水曜日)

駿河国総社の浅間神社に行って来たpartⅠ

神々を合祀することを「総社」と言い。三社を祀っている。
神部神社、浅間神社・・・え~と
静岡の浅間神社は「駿河国総社 浅間神社」と言うそうな
富士山信仰の浅間神社、浅間山信仰の浅間神社があるようで
ようで・・・・詳細はネットで調べてくれ。自分で
*****
まぁな、、こちらにその神社あり先勝祈願から
武士達が古くから寄進をして今にあるが
結構、火事で消失したりして昔の社殿は残っていないが
江戸時代になって徳川家康が手厚くこの神社を保護した事から
建築様式も煌びやかな社殿に生まれかわったと言う。
この神社の入り口は二つあり、
一方は「赤鳥居」もう一つは「石鳥居」があり
何れもそれぞれの神々が奉られている。
赤鳥居、。。それがこいつ
Photo
この鳥居をくぐると社殿があり祭祀が行われる
次に進むと古い石灯篭が建ちならび
古くは元和、元禄と文字が見える
それがこいつ
Photo_2
境内に多数の同じ石灯篭がある。奉納者の名前が
読み取れない
さらに進むと少彦名神社社殿がみえる
それがこいつ
Photo_3
で隣にさらに別の祭られる社殿がある
それがこいつ
Photo_4
これらは豪華絢爛な色に塗られているぜ
で、最後に富士信仰の浅間神社がある。。
それがこいつ
Photo_5
手前の渋い社殿は神楽殿で奥が浅間神社
Photo_6
奥の社殿の色彩がこんな風だ、、、
*****
しかし、、俺はこの写真を撮るまで「総社」として
見ていなかったよ、、子供の頃にここへ来ると
多くの神社が集まっていたが
何故?という疑問がわかなかった。
この神社は家康公が建立した物だと
す~~と思っていたが、由来を紐解くと
あらら~~(・_・)エッ....?だったよ
*****
まぁな、、この辺では「せんげんさま」として言われていたし
親しみありだが、こんなに多くの神様がいたとはね
あは~~だった。
ちなみに「少彦名(すくなひこな)神社」は学問の神様だとわかった
もっと郷土の事を知らないと恥かくぜ、、(^^;
*****
まだ画像あるから次回に続く・・・・

« 弁当シリーズpart3 | トップページ | 駿河国総社の浅間神社に行って来たpartⅡ »

他いろいろな話さ・・・」カテゴリの記事

コメント

こんちは~!

お帰り~!
そうだね~!
結構自分の近くって調べないよね~!
あるのはわかってても~!
そんなに凄いんだって気付くことがない~!

次回も楽しみにしてますよ~!

んじゃ!

>マビ爺ちゃん
お仕事ご苦労様~
年金頂く側から見れば
申し訳ないね~ありがとう!だよ

また、あと少し写真残ってるから
明日あたり、、発表するぜ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 弁当シリーズpart3 | トップページ | 駿河国総社の浅間神社に行って来たpartⅡ »