« 久しぶりに建物の影から抜け出した太陽 | トップページ | 枝垂桜の花道 »

2015年4月 2日 (木曜日)

篭の修理の3点

篭の修理、、持ち手と縁の折れ
2点は山葡萄の篭、もう1点は山桜らしきの篭
山葡萄の篭は持ち手のみだが編みなおして
革を巻いた。
それがこいつ
Photo_2

まだ材料があるが、山葡萄のつるが思ったほど
片方に使用したので調整中。
*****
次に上の篭の持ち手修理代で
山桜の篭と言われていたがクルミの地肌みたいだ
こいつは篭の持ち手へそのまま革を巻いた。
また縁の折れ部分に革で補強をした。
それがこいつ
Photo_3

さらに縁の修理、古手の篭だから所々、欠落があり
本来は修理をしたいのだが
これも材料が無いから補修できぬ。
縁を革で補強したのみ。それがこいつ

Photo_4
一応は補強ができたと思う。
この篭は古手のものだから
出来るだけオリジナルにしたかったが材料なければできぬ。
代わりの山葡萄でと思ったが材質が違うしから風合いがさ
色が違うからちょいできぬ。
*****
といいつつも、、、革で巻いているじゃんか~か(笑)
次に、山葡萄の篭の小型の物
こいつは持ち手全部取り外して革のみにした
それがこいつ
Photo_5
さらに、内袋と入り口にファスナーを取り付けした
それがこいつ
Photo_6
俺は本来、内袋なんぞは付けぬが
まぁ挑戦だな、、これから依頼が増えると思われるからな
まぁ多分だがさ、、、そんな時に出来ないじゃ~さ
俺の心がさ・・・・まぁ思わないけど。。出来るって所
見せておけばさ、、良いかなと思っただけさ。
*****
まぁな、、、で全部完成したから披露する
それがこいつ
Photo_4
何となく、、、善哉だな。。よきかなだぜ(笑)

« 久しぶりに建物の影から抜け出した太陽 | トップページ | 枝垂桜の花道 »

俺の作品と修理修繕他」カテゴリの記事

コメント

山桜のかご?
山ブドウのかご?

見たことない、というか、見過ごしてるのか?
修理依頼されるほうだから、大事にされてるんですね。

内袋や、ファスナー付けて、いつものこころ配り、きっと喜んでもらえるね。

>sala-bowlさん
これは知る人ぞのみ。。理解できると思う。
値段は5~20万円ぐらいするよ。。
だから修理が出来ればしたいというのさ

「東北の樹皮篭」「樹皮工芸」でくぐれば
調べられると思うよ。

おはようです~!

さすが~!
お見事~!
革との組み合わせ~!
作ってしまうからすごい~!
持ってた人は喜ぶだろうね~!

んじゃ!

>マビ爺ちゃん
いあ~考えれば誰でも出来るのですがね
その巻く革の入手が難しいのでして
何でも良いというわけでもない。
それが簡単に出来ぬということです。

巻くに長さが2.5m欲しいしね~
色々と自分の条件がありまして(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりに建物の影から抜け出した太陽 | トップページ | 枝垂桜の花道 »