« 夏も近づく八十八夜、、昨日でした。 | トップページ | 色々とお誘いあれども »

2015年5月 4日 (月曜日)

ウォレット(ワレット)更なる改良

前々回、前回と改良をしてきたが
その中間にした。。
前回は1万円札が入らなかったから
それが入るような大きさにした。
サイズは20cm幅
*****
深緑のワレットである。。、それがこいつ
Photo


Photo_2

*****
今回のワレットは表面を着色した。
何時は水性の物を使うが、今回の色づけは
アルコール系の着色料を使用した。
この着色料は速乾性であるので色付けに手際が必要だ。
しかし、こいつの利点は乾きが早いから
すぐに結果を出す事が出来る。
*****
イワユル、着色の結果だ
それと大概の革に着色が出来るからこれも便利。
アルコール系の浸透性にも由来する。
だから、塗る時は細心の注意が必要だ。
失敗するとひどい目に、、、(笑)
*****
まぁ連休中の試作として制作した次第。

« 夏も近づく八十八夜、、昨日でした。 | トップページ | 色々とお誘いあれども »

俺の作品と修理修繕他」カテゴリの記事

コメント

アチャー、名無しでしたか。失礼しました。

今回の財布はシンプルね。皮も柔め?
好きに着色出来るの?革の色は関係しないのかしら?

>sala-bowlさん
あっちゃ~~だったね。、(笑)

革は硬いヌメ革でして
革の色に着色は影響しますよ
でも、それはそれで、、下地に別の色を塗り
さらに塗る手もあるが、
まぁだいたいが、似た色に更に濃くするときに使う。

原革のようにそのままの色なら自由に塗れるが
それでも下地塗りは必要だ。
今回は明るい緑を濃い緑色だから比較的簡単だった。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏も近づく八十八夜、、昨日でした。 | トップページ | 色々とお誘いあれども »