« ちょいと市中に出回っている物を真似ました。 | トップページ | 在庫一掃の革の整理 »

2015年6月13日 (土曜日)

指ぬき2~~!!

指ぬきのカラー物を作成した。
そんな物があっても良いのではと・・
それがこいつ
Photo

まぁたまたま指ぬきに出来る革だった。
本来はヌメ革の厚みが4mm前後を使う。
青色の物は3.5mm、ピンクとワインレッドは
ヌメ革だが、薄いの糊付けで合わせた。
*****
指ぬきの大きさは男女関係があまりない
太さについてだ。
女性だからとシナヤカな手をしていると限らぬ。
反対に野郎でもシナヤカな手をしているやつもいる。
概ね野郎は骨が太いから太いと感じるけどな
*****
でも職人の手は長年の節くだれの為に
指が太くなるし加齢によっても太くなるぜ
指ぬきの太さは難しいぜ
話は、、、前回でおおよそ話したから端折る。
これでお終いさ(笑)

« ちょいと市中に出回っている物を真似ました。 | トップページ | 在庫一掃の革の整理 »

俺の作品と修理修繕他」カテゴリの記事

コメント

きれい!いくつも持って、その日の気分で♪
暑さ4ミリですか、しっかりしてるでしょうね。

輪にした止めは、縫うのですか?

薄いのをのり合わせする時は、革専用の糊?
合わせるのは裏同志?
それとも裏対表で?

古くなった革財布で作ってみたいです。
端縫いはしないのですね。

>sala-bowlさん
①ランドセルぐらいの革の厚みが必要
 厚みは3mm以上欲しい。
  理由:薄いと針が突き抜ける=怪我をする。
 3mmあっても使ううちに突き抜けるから注意。
②あわせて糊付けは裏側同士が接着一番良い
 銀面(色のある方)だと表面に油脂があるから
 接着が難しい。革で可の糊
③止め具はバネホック

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょいと市中に出回っている物を真似ました。 | トップページ | 在庫一掃の革の整理 »