« 頂いた革の服 | トップページ | いっかん張りの篭① »

2015年10月11日 (日曜日)

すっかり忘れていた物

何時の頃からあるのかワカラヌが
紙のトート袋の中にゴブラン織りの布が入っており
そこにこんな風に作れの制作依頼の紙が
そのメモ紙には細かく書かれた図があった。
ただ名前がわからぬ。。何時受けたのかも
*****
俺はたいがいの物はその紙に記しておくが
その時は受けたのだろうね、、直ぐ作ると。
ところが何かの理由で作らなかったのさ
で。。。。心当たりの依頼者を探したさ。。。
先ずは東京の親戚だったが、、違うという。
他色々・・・・で、見つかったよ近くに(笑)
*****
何時も行く某所のオーナーの親戚の方だった
あらら~~灯台元暮らしだぜ、
そのゴブラン織りのものそれがこいつ
Photo

この布で制作したもの。それがこいつ
Photo_2

横寸が35cm縦寸が37cmだ。
内袋を付けてマチ無しのもの
*****
依頼者も頼んでいたことを忘れていたらしいぜ
毎週、その方とは用事で出会うのにね、笑えたよ
教訓だよ、、例えメモでも名前と日にちを書く事
まぁこれは社会の鉄則だけどな、、
多分、こいつはホイッ!と渡されたからだと思うぜ
しかし、お互い忘れていたのも呑気な話だよ(笑)

« 頂いた革の服 | トップページ | いっかん張りの篭① »

俺の作品と修理修繕他」カテゴリの記事

コメント

こんちは~!

いやぁお見事です~!
まぁお互い忘れてて~!
でも突然渡されて喜べばラッキー!
素敵に出来上がってるし~!

んじゃ!
>マビ爺ちゃん
これにはまだ続きがありまして。。
東京の親戚の物がゴブラン織りの
絵画的模様の物でバッグを頼まれていたよ

明日のブログをご覧下され

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 頂いた革の服 | トップページ | いっかん張りの篭① »